爪の病気 ここが知りたい!トップ > 爪の病気110番白癬爪の切り方

白癬爪の切り方

私たちの爪は健康のバロメーターとも言われますし、女性は特に、オシャレを表現するのに大切なものとなっています。白癬爪は、爪の病気の中でも多いものですが、放置している人が多いのも現実。早く治すようにしたいですね。

中高年の男性に多い白癬爪

白癬爪になると、健康なピンク色の爪が白く濁って分厚くなりもろくなります。中高年に多く、男性に多い症状ですが、最近は、若い女性でも白癬爪に悩む人がおおくなっています。白癬爪を放って置くと症状がどんどん進行してしまい、つめがボロボロになってしまって、ネイルを楽しむどころではなくなってしまいます。白癬爪の治療方法としては、塗り薬だけでなく、飲み薬も必要です。皮膚科などを受診し、早めに治療を開始したいですね。

白癬爪の切り方について

さて、白癬爪になっていると、つめを切ろうと思っても難しかったりします。
白癬爪の切り方は、ニッパーなどで分割して切ったりする人が多いと思いますが、切ったときの衝撃に弱い白癬爪、切り方に気をつけないと簡単に剥がれ落ちてしまいます。

白癬爪の切り方は、お湯につけて軟らかくした状態で、爪の表面を押さえながらきるか、分厚い爪も、もろくなってしまった爪も、エメリーボードなどで削ることをオススメします。

使用後の消毒を忘れない

白癬爪を切ったときは、使い捨てできるエメリーボードであれば良いですが、ニッパーなどは殺菌消毒を忘れずに行ってくださいね。介護施設などで、高齢者の方の爪を切るときは要注意ですね。
爪を切ったニッパーなどで、どんどん白癬爪が感染してしまうこともあります。消毒を忘れずに、そして、慎重に、白癬爪は切らないとはがれてしまって大変です。

スポンサードリンク


白癬爪の切り方は以下のカテゴリに属しています。

コンテンツ
健康管理に役立てよう 爪の基礎知識
綺麗な爪を保つ爪のケア
気になる・・大丈夫?爪の症状について
代表的な爪の病気やトラブル

Copyright(c) 爪の病気 ここが知りたい! All rights reserved .