爪の病気 ここが知りたい!トップ > 爪の病気110番グリーンネイルとは

グリーンネイルとは

緑膿菌が繁殖する爪の病気

ネイルを楽しむ女性が増えていますが、同時にグリーンネイルで悩む女性も増えています。
グリーンネイルとは、爪に生えるカビの事で、爪で緑膿菌という菌が繁殖してしまう感染症の事を言います。緑膿菌というと、院内感染で問題になったりします。ですが、健康な人の体内では大丈夫なのですが、合併症を起こすと大変です。

グリーンネイルの原因と治療について

グリーンネイルは、人工爪を付けていたりする場合に起こります。人工爪(スカルプチャー)を付けてしばらくすると、自分の爪とスカルプチャーの間に隙間が生じ、雑菌が繁殖し、緑膿菌という緑のカビが生えてきます。カビが生えてしまったら、当然ですが、スカルプチャーはとります。

カビが生えている部分の爪が伸びてなくなってしまうまで、爪を消毒して清潔を保ちます。可能であれば、カビが生えている部分を削ってしまった方が安心ですが、そうはいかない場合が多く、消毒がとても大切です。ひどくなってしまうときには、皮膚科などに行って治療してもらってくださいね。

ネイルサロンでのこまめな手入れが効果的

こまめにネイルサロンなどでお手入れをしていると大丈夫なのですが、スカルプが浮き上がってきたときにすぐ手入れをしないと、雑菌が繁殖してしまいます。長期間チップをつけっぱなしにしていたり、放って置いた場合、グリーンネイルがひどくなってしまうと、爪が真っ黒になってしまいます。

爪のオシャレを楽しみたい人は、普段からのお手入れがとても大切ですね。グリーンネイルになってしまうと、せっかくのネイルを楽しむ事ができなくなってしまいます。

スポンサードリンク


グリーンネイルとはは以下のカテゴリに属しています。

コンテンツ
健康管理に役立てよう 爪の基礎知識
綺麗な爪を保つ爪のケア
気になる・・大丈夫?爪の症状について
代表的な爪の病気やトラブル

Copyright(c) 爪の病気 ここが知りたい! All rights reserved .