爪の病気 ここが知りたい!トップ > 爪の病気110番グリーンネイルの治療

グリーンネイルの治療

グリーンネイルは治療が必要

グリーンネイルは治療しないといけないですね。ジェルネイルやスカルプチュアでグリーンネイルになってしまった場合、スカルプを取り外し、消毒して、治療することが大切です。

症状と治療方法について

グリーンネイルは、爪水虫の一つで、爪に緑膿菌が感染し、爪が緑色に変色してしまうという症状が出ます。スカルプチャーやネイルチップを長期間つけたままにしておくと、そこから緑膿菌が繁殖してしまいます。グリーンネイルになってしまった場合、いつも通うネイルサロンなどに行って相談に乗ってもらうのも良いですが、出来れば皮膚科などを受診してほしい物です。ですが、女性は特に、病院に行くことに抵抗がある人が多いようです。

病院では、塗り薬と飲み薬が処方される事が多いようです。飲み薬の副作用を懸念する人も多く、家で治したい!と考える人が多いですね。

塗り薬はネットでも購入できる

最近では、インターネットでも手軽に塗り薬が手に入ります。塗り薬でグリーンネイルを治す事もできますし、口コミなどを見ていると、自分で、誰にも気づかれる事無く治療できている人もいます。
重症になってしまったら、やはり緑膿菌の合併症は怖いですから、皮膚科などに行って治療して欲しいのですが、初期であれば、自分で治療することもできますね。

ネイルケアは慎重かつ丁寧が重要

グリーンネイルになってしまうと、ネイルを楽しみたいと思っても、楽しむ事ができなくなってしまいます。普段からのお手入れがとても大切です。グリーンネイルを予防するためにも、爪の健康を維持するためにも、そして、ネイルアートを楽しむためにも、ネイルケアは慎重に、丁寧に行ってくださいね。

スポンサードリンク


グリーンネイルの治療は以下のカテゴリに属しています。

コンテンツ
健康管理に役立てよう 爪の基礎知識
綺麗な爪を保つ爪のケア
気になる・・大丈夫?爪の症状について
代表的な爪の病気やトラブル

Copyright(c) 爪の病気 ここが知りたい! All rights reserved .