爪の病気 ここが知りたい!トップ > 爪のケア足の爪の正しい切り方

足の爪の正しい切り方

足の爪の切り方、正しい方法で切っていますか?手の爪よりも、足の爪の切り方は気をつけないと、陥入爪になってしまうなど、トラブルを引き起こしてしまいます。

陥入爪について

陥入爪とは、足の爪を深く切りすぎてしまったりすると爪先の角と皮膚がぶつかって爪の周りが炎症してしまったり、化膿してしまったりするトラブルを言います。手の爪は、指先にそって丸く切る人が多いと思いますが、足の爪の切り方は、爪先の白い部分(両端)を四角の形に残し、爪先と、皮膚が当たらないように伸ばしておく事が大切です。

つまり、まっすぐに切るのが、足の爪の切り方は正しいのですね。また、爪切りをつかって切るよりも、やすりを使って少しずつ削っていくという方法のほうが、キレイに、爪を傷めず短くする事ができます。

ヤスリを使った爪の削り方

ヤスリは、金属製のものよりも、紙製の物をオススメしますよ。ヤスリを爪に対して垂直に当てて、片方向に向かって削りましょう。ギコギコやってしまうと、爪が二枚爪などになってしまいますから、一方方向に削りましょう。四角に削ったら、角に少し丸みをもたせるように削ってくださいね。

削りすぎてしまうと巻き爪になってしまい、陥入爪を引き起こします。白い部分を残して、削りすぎないようにしましょう。稀に足の爪を切った後に、化膿してしまったというトラブルを起こす人がいます。

化膿した場合には、専門医での治療を

足の爪の切り方だけでなく、爪先は、バイ菌が入りやすいところですし、菌が繁殖しやすい場所でもあります。痛みを伴うような化膿をしてしまったら、早めに、皮膚科や形成外科を受診し、医師の診察を受け、適切なお薬を処方してもらってください。

スポンサードリンク


足の爪の正しい切り方は以下のカテゴリに属しています。

コンテンツ
健康管理に役立てよう 爪の基礎知識
綺麗な爪を保つ爪のケア
気になる・・大丈夫?爪の症状について
代表的な爪の病気やトラブル

Copyright(c) 爪の病気 ここが知りたい! All rights reserved .