爪の病気 ここが知りたい!トップ > 爪のケアネイルケアについて

ネイルケアについて

日常でのネイルケアをしっかり行うだけで、いつまでもキレイなネイルアートを楽しむことが出来ます。
ネイルケアについては自分でもできますから、基本を押さえておきましょう。

どのようにネイルケアをすればいい?

まずネイルケアの頻度ですが、だいたい2週間に1回を目安にケアを行いましょう。
最初のうちはいろいろと時間がかかってしまうかもしれませんが、慣れてくると15分ぐらいで済んじゃいますので、何度もやって慣れていきたいですね。

形を整える
ネイルケアはまずは爪の形を整えることから始まります。
この時使用する道具はネイルファイルというもので、爪に対して45度ぐらいの角度で当てて先端から整えます。このときは一定方向を動かすようにして、削っていきます。
先端が終わったら、次にサイド、角という順に整えて丸みのある形に仕上げます。

甘皮などのお手入れ
甘皮は放置していると伸びてきて見た目がキレイ見えないためしっかり処理しましょう。
初めにキューティクルリムーバーを爪に塗り、その後お湯に2〜3分ほど指先を入れて、爪の皮膚や甘皮をふやかします。
その後キューティクルリムーバーを再度塗った後に、コットンスティックを使って甘皮を押し上げます。キレイに処理できたらネイルオイルで仕上げましょう。

バッフィング・ベースコート
バッファーを用いて爪の表面を磨きましょう。ネイルオイルを塗ってから行うと光沢感がアップするのでお勧めです。
そして最後にベースコートを塗ることで爪を強く保護させます。

ネイルケアが大変な場合はネイルサロンで

ネイルケアの道具を取りそろえるにも沢山あって大変かもしれません。
それで一つ一つやっていくと意外に時間がかかって面倒!って言う方はネイルサロンでのネイルケアをお勧めします。
例えば、新宿のネイルサロンC&knailを参考にすると、ハンドケアも3500円と比較的リーズナブルな価格で利用することが出来ます。(C&Kネイルのメニューページ

仕事が忙しい人や、自分ではネイルケアに自信がない人はネイルサロンに行ってしっかりケアしてもらうと安心ですね。

スポンサードリンク


ネイルケアについては以下のカテゴリに属しています。

コンテンツ
健康管理に役立てよう 爪の基礎知識
綺麗な爪を保つ爪のケア
気になる・・大丈夫?爪の症状について
代表的な爪の病気やトラブル

Copyright(c) 爪の病気 ここが知りたい! All rights reserved .