爪の病気 ここが知りたい!トップ > 爪の悩みQ&A爪のへこみについて

爪のへこみについて

爪は健康のバロメーターとも言われます。キレイでつややかで、滑らかな爪をしている人は、若々しく、元気に見えて好印象ですね。ですが、ちょっとした事で、爪が割れてしまったり、ささくれてしまったり、へこんでしまったりします。

爪がへこむ原因

爪のへこみは、爪甲が変化すると起こります。爪が生えてくる前の段階で、何らかの刺激があると、でこぼこの爪が生えてきたりします。爪に十分な栄養が行き渡っていないときにも、根元にある爪の段階で異常がおきてしまい、爪がへこみを伴って生えてきたりします。鉄欠乏性貧血や、膠原病など、色々な病気の診断で爪を見ることもありますよね。

爪のへこみで病気がみるかることも

体に不調があるとき、爪を見てみると良いかもしれません。爪にへこみがあるような場合、例えば、以前、爪の根元の部分を扉で挟んでしまったなどと覚えがあったり、爪の根元がひどい手あれになっていたりという場合は、へこんだ爪が生えてくるのは当然なので、放っておいても大丈夫かもしれません。ですが、身に覚えがないのに、爪がへこんで生えてきたりした場合は、皮膚科や内科などの医師に相談してみてくださいね。水虫だったり、貧血だったりと病気が見つかる事があります。

治療には時間がかかる

治療には時間がかかりますし、キレイな爪が生えてくるまでにも時間がかかりますから、キレイな爪で若々しい印象を人に与える事ができるよう、早めの治療を受けましょう。
また足の爪などですと、巻き爪になってしまい陥入爪になってしまったりすることもあります。一度傷ついた爪は、なかなかきれいな爪が生えてきません。気長に待つのと同時に、バイ菌が入らないように、清潔に保つことも必要です。

いずれにしろ、爪に異常がある場合、一度、皮膚科などで診察を受けてもらうと安心ですよね。

スポンサードリンク


爪のへこみについては以下のカテゴリに属しています。

コンテンツ
健康管理に役立てよう 爪の基礎知識
綺麗な爪を保つ爪のケア
気になる・・大丈夫?爪の症状について
代表的な爪の病気やトラブル

Copyright(c) 爪の病気 ここが知りたい! All rights reserved .