爪の病気 ここが知りたい!トップ > 爪の悩みQ&A爪に白い斑点ができる原因は?

爪に白い斑点ができる原因は?

ネイルアートを楽しむために

ネイルを楽しもう!と思う女性はたくさんいます。ですが、ストレスやダイエットなどで、爪に異常がでてしまい、ネイルアートは勿論、ネイルケアもできないなんていう人も、意外とたくさんいます。

爪は健康のバロメーターともいわれます。身体の中からも健康を保たないと、せっかくのネイルアートが楽しめなくなってしまったりします。食事のバランスなどにも気をつけましょう。

白い斑点の原因

さて、爪に白い斑点ができてしまうという爪のトラブルも多いですね。
爪の表面に白い斑点が出来ることを爪白斑と言いますが、これは、つめが生え変わるとなくなりますので、それほど心配しなくても良いようです。爪が生えてくる段階、根元の部分で何らかの刺激があったりすると、白い斑点の爪が生えてきたりします。ですが、つめの下が赤くなっていたりするような場合は、皮下出血の可能性がありますから、痛みがある場合は皮膚科などで診てもらってくださいね。

また、つめの表面に緑色のカビが生えていることもあります。人工付け爪をしていたりすると見られることがあります。つめを休ませ、清潔にしておく必要があります。しばらくネイルアートはお休みですね。

爪は健康状態を表す鏡

爪は健康状態がストレートに現れます。爪がへこんでいるような場合は、女性に多い鉄欠乏性貧血だったりしますよ。白い斑点がある爪、これはそれほど心配しなくて良いですが、痛みがあったり、ボコボコしていたり気になるようなときは、一度病院で診てもらってくださいね。

健康な爪を維持し、ネイルアートを楽しむことができるようにするためにも、いつも、健康には気を遣っていたいですね。

スポンサードリンク


爪に白い斑点ができる原因は?は以下のカテゴリに属しています。

コンテンツ
健康管理に役立てよう 爪の基礎知識
綺麗な爪を保つ爪のケア
気になる・・大丈夫?爪の症状について
代表的な爪の病気やトラブル

Copyright(c) 爪の病気 ここが知りたい! All rights reserved .