爪の病気 ここが知りたい!トップ > 爪の病気一覧爪甲萎縮症(症状・治療・原因)

爪甲萎縮症(症状・治療・原因)

爪甲萎縮症の症状について

爪甲萎縮症

爪甲萎縮症は、そうこういしゅくしょうと読みます。アトロフィやオニカトロフィアと呼ばれることもある、爪の病気です。わかりやすく言えば、爪がきちんと育っていない状態です。

そのため、爪が縮んだ様な状態になり、通常の半分程度の大きさにしかなりません。しかも、爪の状態が悪いため、つやがまったくありません。爪甲萎縮症が悪化すると、ぼろぼろと剥がれ落ちる症状があらわれます。

食生活の改善が治療につながる

爪甲萎縮症の治療は、栄養不足が原因であればきちんとした食生活を心掛けることでOKです。1日3食栄養バランスのとれた食事をし、早寝早起きを心がけていれば、爪は驚くほど美しくなります。

また、爪を保護するためにも、家事をする時には手袋を着用しましょう。仕事で水に手をさらす機会の多い方も、できるだけ手袋を着用して下さい。内臓の病気がもとで爪甲萎縮症になるケースもありますので、体調が悪ければ医師に相談しましょう。

栄養不足が主な原因

爪甲萎縮症の原因として、栄養不足が挙げられます。過激なダイエットを行うと、身体全体が栄養不足になり、爪の状態も悪くなります。いろいろな爪の病気になる可能性が高く、爪甲萎縮症を引き起こすケースもあります。

爪は健康状態をあらわすもので、冷え症や便秘といったことでも、ダメージをこうむってしまうのです。栄養不足になれば、爪がきちんと育たないのも当たり前のことです。また、爪に強い衝撃が加わったことが原因で、爪甲萎縮症になるケースもあります。

スポンサードリンク


爪甲萎縮症(症状・治療・原因)は以下のカテゴリに属しています。

コンテンツ
健康管理に役立てよう 爪の基礎知識
綺麗な爪を保つ爪のケア
気になる・・大丈夫?爪の症状について
代表的な爪の病気やトラブル

Copyright(c) 爪の病気 ここが知りたい! All rights reserved .