爪の病気 ここが知りたい!トップ > 爪の病気一覧爪甲縦裂症(症状・治療・原因)

爪甲縦裂症(症状・治療・原因)

爪甲縦裂症の症状について

爪甲縦裂症

爪甲縦裂症は、そうこうじゅうれつしょうと読みます。病名からもわかるように、爪がたてに割れてしまう病気です。割れ目は非常に深く、爪が2つにわかれていることが、自分でもはっきり確認できるほどになります。

治療方法は爪への負担を減らすこと

爪甲縦裂症の治療は、原因に応じて行います。もしも、除光液や有機溶剤が理由であれば、除光液や有機溶剤の使用をストップしてみましょう。爪への負担が減るため、自然に治るケースが多いのです。仕事でどうしても使わなくてはいけない場合は、手を保護するものを着用して下さい。除光液を使ったあとには、ハンドクリームで保湿ケアを行いましょう。

爪の抹消循環障害が理由であれば、ステロイドを配合した塗り薬で治療します。全身疾患が原因の場合は、病気の治療で爪の割れ目も改善するでしょう。ですから、皮膚科の治療だけでなく、内科の治療も行うケースが出てきます

除光液・有機溶剤が原因に

爪甲縦裂症の原因として、除光液や有機溶剤があげられます。マニキュアが好きな方は、毎日のように除光液を使っているはずです。除光液や有機溶剤は素早くマニキュアを落としてくれますが、爪を極度に乾燥させてしまいます。また、刺激が強い成分が含まれていますので、爪に大きな負担をかけるというデメリットがあります。

爪甲縦裂症の原因として、抹消循環障害もあげられます。乾癬、甲状腺機能低下症、内分泌異常、慢性肝傷害、糖尿病、高尿酸血症、卵巣機能障害、貧血、神経疾患も甲縦裂症の原因になります。

スポンサードリンク


爪甲縦裂症(症状・治療・原因)は以下のカテゴリに属しています。

コンテンツ
健康管理に役立てよう 爪の基礎知識
綺麗な爪を保つ爪のケア
気になる・・大丈夫?爪の症状について
代表的な爪の病気やトラブル

Copyright(c) 爪の病気 ここが知りたい! All rights reserved .