爪の病気 ここが知りたい!トップ > 爪の病気一覧爪甲層状分裂症(症状・治療・原因)

爪甲層状分裂症(症状・治療・原因)

爪甲層状分裂症の症状について

爪甲層状分裂症

爪甲層状分裂症は、そうこうそうじょうぶんれつしょうと読みます。非常に長い名前の病気ですが、二枚爪と言えばわかりやすいでしょう。女性によく起こる爪の病気です。

爪甲層状分裂症になった場合、爪が割れて多層状態になります。特に、爪の先端に症状があらわることが多いですね。痛みはありませんが、爪の先端がもろくなるため、外見上に問題が出てきます。また、一度治っても、何度も同じ症状があらわることがよくあります。

栄養の摂取が治療に

爪甲層状分裂症の治療は、まずは爪に必要な栄養をしっかり摂取することです。いくら爪の保湿ケアを行っていても、栄養不足のままでは、爪甲層状分裂症を繰り返すだけです。鉄欠乏性貧血の場合は、特に爪が割れやすくなります。

サプリメントを上手に使いながら、鉄分の多い食材を積極的に口にしましょう。女性は一般的に鉄分が不足しやすいので、貧血症状がなくても、鉄分を補給するのはよいことです。また、爪が乾燥しないように、水仕事ではゴム手袋をしましょう。

原因は血行不良

爪甲層状分裂症の原因は、栄養不足、貧血、血行不良などです。また、マニキュアや除光液に含まれる成分が、爪甲層状分裂症の原因になることも多いですね。さらに、爪切りを使いすぎたり、間違った使い方を続けていたりすると、爪甲層状分裂症を起こしやすくなります。

ただし、爪甲層状分裂症の原因がマニキュアかも…と、自分で判断するのはよくありません。何らかの病気がもとで、爪甲層状分裂症になる可能性もあるからです。

スポンサードリンク


爪甲層状分裂症(症状・治療・原因)は以下のカテゴリに属しています。

コンテンツ
健康管理に役立てよう 爪の基礎知識
綺麗な爪を保つ爪のケア
気になる・・大丈夫?爪の症状について
代表的な爪の病気やトラブル

Copyright(c) 爪の病気 ここが知りたい! All rights reserved .