爪の病気 ここが知りたい!トップ > 爪の病気一覧爪甲白斑(症状・治療・原因)

爪甲白斑(症状・治療・原因)

症状は爪が白くなっていく

爪甲白斑

爪甲白斑の症状は、爪が白くなっていくことです。爪全体が白くなるタイプ、爪に白い点があらわれるタイプ、爪に白い線があらわれるタイプの3種類があります。

爪全体が白くなるタイプは、やや透明がかった白さになることが特徴です。爪に白い点があらわれるタイプは、爪甲白斑でもっとも一般的な症状です。爪の根元に小さな点が出現し、爪が伸びるにしたがって、だんだん爪の先端へ移動していきます。爪に白い線があらわれるタイプは、ごく細いラインがくねくねしながら重なっています。ラインは1本のこともあれば、数本のこともあります。

治療方法について

爪甲白斑が白い点の場合は、特に治療の必要はありません。放っておいても、自然に消えてしまいます。爪全体が白くなるタイプも、同じく治療の必要はありません。ただし、他の爪の病気のせいで、爪全体が白くなったということも考えられます。自己判断せずに、医師に病名を確認してもらうことが大切です。皮膚疾患や内臓疾患、もしくは感染症や中毒の可能性があるからです。

原因は遺伝性のもの

爪甲白斑で爪全体が白くなるタイプの原因は、たいてい遺伝性のものです。
ですから、生まれつき爪が白くなっているわけです。乳児期から症状があらわれるケースもあります。爪に白い線があらわれるタイプの原因は、遺伝のこともあります。しかし、実際には後天性の原因が多いのです。後天性の原因の場合は、肺炎、麻疹、乾癬、心筋梗塞、腎不全、鉛中毒、砒素中毒などが該当します。

スポンサードリンク


爪甲白斑(症状・治療・原因)は以下のカテゴリに属しています。

コンテンツ
健康管理に役立てよう 爪の基礎知識
綺麗な爪を保つ爪のケア
気になる・・大丈夫?爪の症状について
代表的な爪の病気やトラブル

Copyright(c) 爪の病気 ここが知りたい! All rights reserved .