爪の病気 ここが知りたい!トップ > 爪の病気一覧爪甲剥離症(症状・治療・原因)

爪甲剥離症(症状・治療・原因)

爪甲剥離症の症状について

爪甲剥離症

爪甲剥離症は、そうこうはくりしょうと読みます。若い世代の方より、中高年世代に出やすい症状です。爪の根元はそのままですが、真ん中から先端にかけてはがれてしまう症状があらわれます。

また、爪の色が白または黄色に変化することも特徴です。爪甲剥離症の症状は爪の先端からはじまって、真ん中に向かって進行していきます。

治療方法は状況によって変わる

爪甲剥離症の治療は、原因によっても変わってきます。もし、爪そのものにトラブルが起こっているのであれば、保湿剤を塗って治します。副腎皮質ホルモン剤を使うこともあります。また、外用薬だけでなく、ビタミンEをはじめとする内服薬も治療に使われます。

爪甲剥離症の原因が何かの病気であれば、爪の治療は行わずに病気の治療を行います。ですから、爪甲剥離症の治療は内科で行うこともあれば、皮膚科で行うこともあるわけです。

後天的なことが原因になる

爪甲剥離症の原因は、ほとんど後天的なものです。たとえば、カンジダ菌に感染した場合は、爪甲剥離症を起こしやすくなります。また、尋常性天疱瘡、多汗症、接触皮膚炎、乾癬といった皮膚の病気が原因になって、爪甲剥離症を起こす場合もあります。

皮膚の病気以外には、甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、糖尿病、膠原病、鉄欠乏性貧血、強皮症、梅毒、ペラグラ、全身性エリテマトーデスなども、爪甲剥離症の原因となります。また、爪の間に入ったごみ、爪のけがも爪甲剥離症の原因となります。洗剤、ガソリン、マニキュアも該当します。

スポンサードリンク


爪甲剥離症(症状・治療・原因)は以下のカテゴリに属しています。

コンテンツ
健康管理に役立てよう 爪の基礎知識
綺麗な爪を保つ爪のケア
気になる・・大丈夫?爪の症状について
代表的な爪の病気やトラブル

Copyright(c) 爪の病気 ここが知りたい! All rights reserved .